nextdatsumou のすべての投稿

医療脱毛とエステ脱毛の違いとは?

医療脱毛とエステ脱毛の違いは、脱毛方法の違いにあります。どちらも光を照射しますが、医療脱毛は脱毛効果の高いレーザー方式での脱毛を行うことができますが、エステサロンは脱毛効果は穏やかな光脱毛になります。医療脱毛は万が一の時に治療を行うことしかできる医療従事者しか行えません。レーザー方式での治療は、医療機関でしか行うことができないのです。クリニックという名称がついているところは、医療従事者が脱毛を行ってくれると考えても良いでしょう。

医療脱毛の方が脱毛完了までの期間が短い

脱毛と言うと、クリニックで受ける医療脱毛とエステサロンで受けられる光脱毛で迷う人が多いと思います。
医療脱毛は高い出力の光を照射する機器を使用して行うため、光脱毛と比べて少ない回数で効果を得ることができるのが特徴です。
毛の生え方や太さによって効果の出方には個人差が大きいものではありますが、脱毛完了までの施術回数は5~6回という人が一般的です。光脱毛の場合は10回以上の施術を受けることが一般的なので、およそ半数の回数で効果を得ることができるのです。

医療脱毛なら肌トラブルが起きても安心

脱毛は光やレーザーを肌に照射しますので、何らかのトラブルが起こる可能性はゼロではありません。トラブルが起きた際でも、医療脱毛を行っているクリニックなら施術を行うのが医師のため、すぐに診察や治療を行うことができるというメリットがありますので、安心してお任せすることができます。エステサロンで行われる脱毛は、安いですが医師が行うわけではありませんので、トラブルが起きた時にすぐに対応ができないというリスクがあります。

医療脱毛の施術をするのは医療従事者のみ

脱毛には医療機関が行っている医療脱毛とエステサロンが行っている光脱毛があります。医療脱毛はエステサロンの光脱毛に比べて照射パワーが強いのが特徴です。照射パワーが強いということは、それだけ脱毛効果が高く、施術の回数を少なくすることができ経済的です。また、肌トラブルのリスクに対処するために、安全を考えて医師や看護師などの医療従事者しか扱うことができません。つまり、エステサロンでは扱うことができないということです。

医療脱毛なら麻酔が使える

脱毛に伴う痛みを心配して施術を受けるのを躊躇してしまう方がいることでしょう。実は、エステサロンで脱毛の施術を受ける場合とは異なり、医療脱毛なら麻酔を使うことができるため、より安心して施術を受けることができるでしょう。クリニックで使用されている麻酔の一つは笑気ガスであり、亜酸化窒素と酸素でできた笑気ガスを吸入するというものです。もう一つは脱毛する部位の皮膚にクリームを塗るというものです。医療脱毛の場合、こうした麻酔が使えるため、痛みをそれほど心配せずに脱毛できるでしょう。

医療脱毛の効果とは?

医療脱毛とは?

レーザー医療脱毛は、クリニックや皮膚科で受けることが出来る脱毛方法です。レーザー医療脱毛の光は、毛根のメラニンに反応し、毛の成長を促す毛乳頭を破壊します。これによって毛の減毛に繋がります。一般的な日本人の肌色に近い色素沈着した肌のシミには反応はしませんが、過度に日焼けした肌や茶色い肌の方などは、火傷するリスクもあります。このような状態の場合は、施術を断られることもありますので、注意が必要になります。

医療脱毛で期待できる効果

医療脱毛であるレーザー脱毛は、不要なムダ毛を取り除く最も効果的な方法です。またレーザー脱毛はフラッシュ脱毛のように何度も回数を重ねる必要はありません。少ない回数で確実に減毛する事ができるので、忙しい人でもスピーディーに脱毛が出来るので満足して利用する事ができるのではないでしょうか。レーザー脱毛の効果を実感できるのは2回目または3回目と処理を行った後ですが、徐々に改善が行われるのでしっかりと取り組む事で、悩みの種になっていたムダ毛を確実に処理する事が可能です。人体は非常にうまく設計されており、100%の不要な髪を取り除くことは不可能ですが、レーザー脱毛器を使用する事で98%まで除去することができます。平均的な人は少なくとも80%の除去を期待することができますが、これは年齢、ムダ毛の硬さや量などによって個人差がありますが、短期間で確実にムダ毛の悩みを解消する事が可能です。医療の一環になるのも信頼できるポイントではないでしょうか。

医療脱毛がおすすめの人

医療脱毛は、美容皮膚科専門の医師による事前のカウンセリングと医療脱毛機を使用した施術を受けることができる脱毛方法です。また、医療脱毛機による脱毛は、短い期間や回数で減毛できるという特徴がありますので、短期間で減毛を希望している方にはおすすめの脱毛方法です。さらに、必要に応じて麻酔を施してもらうことも可能で、幅広い部位の脱毛に対応していますので、お肌が敏感な部位の脱毛を希望している方にもおすすめの脱毛方法です。

医療脱毛のメリット・デメリット

エステ脱毛と比べて医療脱毛の大きなメリットと言えば、何と言っても永久脱毛が可能になるということでしょう。つまり、産毛もないつるつるとした脱毛の効果を実感できるのです。もちろん、そんな脱毛効果の高い医療脱毛にもデメリットはあるものです。基本的に言って、エステ脱毛よりも痛みが強いとされています。しかし、医療脱毛の場合麻酔を使うことができることに加えて、資格を持った人が施術してくれるため、痛みを軽減することができるでしょう。

医療脱毛の回数の目安と効果

【部位別】医療脱毛が完了するまでの回数の目安

医療脱毛は太い毛ほど効果が出やすいという特徴を持ち、部位によって完了回数が多少異なります。目安の回数としては毛が太く効果が実感しやすいワキ、Vラインが5~8回程度、足や腕が7~8回程度、I,Oラインや顔は10回前後で自己処理の必要がなくなり満足できるようになると言われています。
より少ない回数で完了させたい場合は、毛周期に合わせ毛が十分に生えそろうまで待ってからレーザー脱毛を照射するようにすると良いでしょう。

医療脱毛は1回でも効果を実感できるの?

医療脱毛とは、特殊なレーザーを照射して毛根を破壊する脱毛方法のことをいいます。エステサロンなどで行われている脱毛方法は毛の再生力を弱めるものですが、毛根は破壊されるわけではないので毛はまた生えてきます。医療脱毛の場合には、レーザーが照射された毛根からは毛が生えてくることは無くなります。施術後に生えてくる毛は、1回目のレーザー照射の時には眠っていた毛になります。ムダ毛のない肌にするには何回か施術回数を重ねなければなりませんが、1回だけでも効果を実感できることが多いようです。

医療脱毛と脱毛サロン、完了までの期間が短いのはどっち?

医療脱毛において出力の強いレーザーを使うのに対して、脱毛サロンでは光脱毛によって施術を行なうことになります。そのため、脱毛が完了するまでに要する期間が異なってきます。例えば、一般的なプランである5、6回の医療脱の場合、一年半から二年ほどの期間で完了するのに対して、脱毛サロンで光脱毛を受ける場合は、三年から五年ほどの期間が必要であると言われています。それで、短い期間で脱毛を完了させたいという人は、医療脱毛を選ぶことができるでしょう。

医療脱毛をする時は何回コースがおすすめ?

ムダ毛の処理を効率よく完了させるためにも、医療従事者の元で医療レーザーを利用して効率よくお手入れを完了させることが出来るとして注目されているのが医療脱毛による施術方法です。全身脱毛など施術範囲が広いお手入れであっても、エステ脱毛の約半分の回数でお手入れを完了させることが出来る特徴がありますので、施術回数の目安として5~6回コースを利用すると、目立っていたムダ毛が目立ちにくくなりツルツルの美しい肌を手に入れることができます。

医療脱毛の回数を決める時の注意点

医療脱毛を利用する場合はプランを調べた上で利用する事が大切です。医療脱毛のプランは様々ですが、回数などが異なるので迷う方も多いでしょう。脱毛を進める場合は毛周期に沿って進める必要があるので、ある程度の期間は通う必要があります。自分のムダ毛の状態をカウンセリングで相談した上で、回数を決めると良いでしょう。契約を行う前にどのくらいの予算が必要になるのか計算する事も大切なので、このような事に注意しながら医療脱毛を利用しましょう。